« マレー鉄道に乗って(バンコク→ペナン島) | トップページ | 海と猿と鳥(マレーシア、パンコール島) »

2009年7月 4日 (土)

ギルバートとの再会(マレーシア・パンコール島)

南の島から、なおちです。

Cocolog_oekaki_2009_07_03_22_26

今朝、ペナン島での朝食を済ませると僕らはパンコール島へと向かいましたbusdash

Penan02

ペナンからパンコールへは約100㌔(僕の目分量)。12時45分発の長距離バスbusに乗り、3時間soon

Bus01

ご存知の人も多いも知れませんが、マレーシアはとても発展している国で、道路の整備状況も東南アジアの他の国と比べるととても進んでいます。3時間、日本の道路を走っているのとほぼ同じような乗り心地で過ごすことができましたhappy02

“ルムッ”という日本人には微妙に発音のしにくい名前の街からフェリーshipに乗り約20分。

そこには、僕らが追い求めていたものが待っていました。

エメラルドグリーンの海。緑いっぱいの島。

僕らは二人ともキレイな海が好きなのです。大好きなのですhappy02happy02

Umi01

ベトナム、カンボジア、タイ、ラオスの4ヶ国を通ってきましたが、ここまであまり海を見ずにどちらかと言うと山岳地帯の方を回ってきました。

山にももちろん山の魅力がありますが、ひたすら山の日々に僕らの心は海水を求めていたようです。

島内はリゾート地のため、値段の高い宿がほとんどですが、ペナン島の安宿のお父さんaries の紹介により、比較的安い宿を見つけることもできましたgood サンキュー父さん!

港から宿まではバン・タクシーで向かいます。

このタクシーがまた僕らを楽しませてくれました。真ピンクに塗ったくられたその車体はどう見てもラブワゴン!!

Lovewagon

そして、不思議な鳥たち。

Tori01

夕方からビーチ へ繰り出し、僕はひたすら泳いだり潜ったり。ハーリーは泳ぎが得意ではないので、一生懸命、水に仰向けに浮く練習をしていました。

僕らの横では、マレーシア人の大学生くらいの男の子達が楽しそうに遊んでいました。

彼らを見て僕はハッeyesign03とさせられたのです。

いつかどこかで見た景色・・・

デジャブというやつでしょうか・・・

いや、間違いなく何年も前の過去に夢nightの中で見て、なぜか今まで忘れていなかった光景・・・

“南の島のビーチでラグビーをしている南の島の人たち。そして、そこに僕が参加する。”

それは現実となりました。

まさかこの旅でこんな偶然が待っているとは思わなかったので、とても不思議な感じです。

clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover

ラグビーボールには大きな文字で「GILBERT」と印されていました。

ラグビーボールのブランドの1つなのですが、この「GILBERT」が高校の頃の汗臭い青春時代を思い出させてくれました。

キンコ、クメちゃん、イッシー・・・

廃部寸前のラグビー部を3人の仲間と共に立て直したあの思い出は一生の宝物です。

そして・・・

過去の思い出と同じくらいにパンコール島の夕日は美しかった。

|

« マレー鉄道に乗って(バンコク→ペナン島) | トップページ | 海と猿と鳥(マレーシア、パンコール島) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217216/30395827

この記事へのトラックバック一覧です: ギルバートとの再会(マレーシア・パンコール島):

« マレー鉄道に乗って(バンコク→ペナン島) | トップページ | 海と猿と鳥(マレーシア、パンコール島) »