« ぬるぬるさん再び(バリ クタ) | トップページ | 終わるのよな始まり。(ハーリーから最後のごあいさつ) »

2009年8月12日 (水)

終わりのような 始まりのような    (8カ国目ニッポン なおち最後の記事です)

み~んみんみんみんみん~notes

ただいまpaperなおちですdog

Asi

昨日8月11日、昼12時30分、帰国しました。

Hikouki

ハーリーはその日の夜行バスで広島へ帰省。

今頃、広島の尾道で温泉に浸かっているはずです。

Cocolog_oekaki_2009_08_12_09_06

成田・・・・なんだか夢を見ていたような気持ちでした。

やっぱり飛行機で帰ってくるとあっけない。

10日の深夜、雲の上の世界に出ると同時に夢の中へ。

目が覚めて韓国で乗り継ぎ、そこから再び雲の上の世界に2時間の滞在。

雲の下の世界に戻るとそこは見覚えのある国、ニッポンでした。

日本人はみんな白くてビックリしました。もちろん白人のような白さはありませんが、やっぱり白い。正直笑っちゃいそうになってしまいました。

そして、僕は黒い・・・。東南アジア各国で欧米人にしょっちゅう現地人と間違えられていたほど日焼けして真っ黒・・・。黒というか茶色でしょうか。

なんとも居心地が悪い・・・。

旅の最後は、最後の最後までG氏と一緒でした。

Shokuji

僕らは深夜1時発の便で日本へ、G氏は深夜11時発の便で次なるエリア・オーストラリアへ。

夕食を一緒に食べ、宿の仲間にお別れの挨拶をして、3人で車をシェアして空港へ向かいました。

Yado

(↑ピンボケですね・・・でも、わざわざ写真を取ってくれたドライバーさんに感謝!少しぼやけてるくらいの方が味があって良いかも。印象派?)

空港では涙々のお別れでした。

G氏が先の出発のため、出国審査の前で僕らがG氏を見送るかたちとなりました。

G氏はきっと機内で号泣していたに違いありません。

ゴカさんsign03この先も気をつけて旅を続けてくださいhappy02

日本からゴカさんの世界一周を応援してますcancer

そして、この旅で出会ったみなさん、この先も良い旅をsign03

good good good good good good good good good good good clover

2009年5月22日から8月11日まで・・・

奇麗な風景があり

Haron

Betonam

Hue

Naga

Ankor_2

Hasiru

Camehai

Tamannegara

素敵な出会いがあり

Sigesan

Miyasan

Bankoku

Kuararunpuru

Daisenpai   

Yado3

楽しい宿があり

Canbodia

Raoyado

Coji

Coji2

Yado2

Kouchan

珍道中もあり

Raosu

Deai

Tanbo

Tanbo2_2

Nurunurusama

Ike

ときに悟りあり

Meisou

Satori

雨の降る日もあり

Ame

美味しいお酒や食べ物もあった

Resutoran

Nabe

Ichigo1

Ichigo

Yakimorokosi 

Yakimorokosi2

そして、日本へ。

欧米人バックパッカーを見てほっとしたり、駅ですれ違いざまに肩がぶつかっても何も言わないロボットのような人々を見て心の寂しさを感じたり、でもやっぱり日本食はうまいなぁと感じたり。

Ueno

Ramen

Yakitori

Kusihacchin

(↑有楽町の串八珍で、旅の修了式bottle

成田に着いたときには、あっという間に思えたこの旅ですが、振り返ってみると色んなことがありました。

本当に良い思い出ばかり。

そして、何よりの思い出は、この旅がハーリーとの2人旅であったこと。

Buranko

この旅はやっぱり“なおちとハーリーの”ココ旅だったわけです。

Ahiru

このブログサイトが「ココログ」だったので、それをヒントに「ココ旅」というタイトルにしたのですが、一応後付け的に意味も込めてあります。

“今ココを旅してますよ~”という意味と、“ココロの旅”という意味。

ハーリーがいなければこの旅は、このような旅にならなかっただろうし、そもそもブログも始めなかったかもしれません。

藤沢のネットカフェで、2人でああだこうだ言いながらブログのデザイン決めをしたことから始まり、お互い実家に帰ってから順番に記事を書いて、新宿で再会して旅がスタートしました。

僕は僕なりに旅の中で色々ココロの動きがあり、ハーリーはハーリーなりにココロの動きがありました。

Hunnsui

ケンカもいっぱいあったけど、そんなココロの動きを旅の中で素直に語り合えたことはきっと一生の宝なのだと思います。

Baraen

そして、ブログを書くことによってある程度自分の頭を整理することもできました。

僕は、サラリーマンになった自分をどうしても好きになれず“昔のような自由人に戻りたい”という気持ちで旅に出ました。

旅を終えて思うのは、やっぱり過去には戻れないという現実。

でも、大きな変化はありました。

“昔の自分”のような自分が、自分を上書き保存してくれました。

だから“今の僕”は、“学生時代の自由人”と“どうしても好きになれなかったサラリーマンとしての自分”という土台の上に改めて“自由なココロを再発見した自分”で更新されたような状態になっています。

あくまでも“今の僕”。“明日の僕”はわからない。

Neko

結局そういうことだと思います。

旅は終わりました。

でも何かが始まったような気がします。

だから終わりのような始まりのような。

ハーリーとも修了式の中で「これは始まりに過ぎないのかもね。」なんて話してました。

この先どこに向かっていくのかは自分次第。

Kippu

人生のレールは自分で築いていく。

Reru

ハーリー、今度はどこまで行こうか。

Hananoyouni

|

« ぬるぬるさん再び(バリ クタ) | トップページ | 終わるのよな始まり。(ハーリーから最後のごあいさつ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

カオサンであったとしやです!!

ブログコメントありがとうございます!


帰国されたみたいですね。お帰りなさい。


なおきさんとひとみさんにとってこの旅はダイヤモンドのような輝きと降り注ぐたくさんの星のようにいつまでも色褪せない思い出となったと思います(へんな表現ですんません!!)。


二人にカオサンで会ったこと、俺も忘れません。


また日本でばったり??会えたらいいっすねー。


それではまたどかで!!

P.S.
最近まったく日本人に会いません!笑

投稿: としや(カオサン) | 2009年8月12日 (水) 21時26分

バリクタから読みましたー♪
ゼットインばぐーすでしたね!!
おれの写真も♪嬉しかったっす!!

また波乗り行きましょー♪

投稿: けんすけ | 2009年8月12日 (水) 22時19分

お疲れ様。

見送りと手紙とお守りとしおりとマスクと蚊取線香とトイレットペーパーとカイロと本5冊と目覚まし時計ありがとう。
そして一緒に遊んでくれてありがとう。

PS. 機内ではお2人同様寝てたよ。

投稿: 5 | 2009年8月13日 (木) 17時16分

>としやくん
としやくん元気そうでなによりよgood
今どの辺にいるの?日本人に会わないところって
どこだろう
としやくんの体育会系のノリのよさと、九州男児の情熱と男らしさにはハーリー感動しちゃいましたeyeshine
日本帰ったらお酒飲みにいこー!
なによりも愛を大切にheart01

彼女とカンボジア行ったらしいじゃん!
どうだったのー

>けんすけさん
日本帰国されたみたいでなによりですhappy01ゼッインでの楽しい思い出は宝物
です。ありがとうございました。
今度は海の上で会いましょうsign02
>G
Gさん、オーストラリアは楽しんでいますか?
それだけが心配で…
きっと、Gさんの独特のオーラでオーストラリアの人もメロメロですねcatface

投稿: ハーリー | 2009年8月14日 (金) 00時01分

>としやくん
素敵なコメントありがとう!輝く思い出は、きっととしやくん達との出会いと共に色褪せないよ。
おじさん臭いけど、気持ちの良い青年に出会えたなぁって思ってるよ。いつまでも熱い気持ちを忘れないでね!彼女のことも大切にね!
また、どこかで会いましょう。

>けんさん
コメントありがとうございます!ゼットイン本当にバグースでしたね。そして、色々とお世話になりました。
またいつか一緒波乗りできたら嬉しいです!その後の一杯も!

>Gさん
こちらこそありがとうございました!機内では寝てたんですね(笑)
ゴカさんはこの先も長いですが、本当に体だけは気を付けてください。サルにも噛まれないように気を付けてください!
次は広島で会いましょう!カキやら美酒鍋やら食べに行きましょう!

投稿: なおち | 2009年8月14日 (金) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217216/30927834

この記事へのトラックバック一覧です: 終わりのような 始まりのような    (8カ国目ニッポン なおち最後の記事です):

« ぬるぬるさん再び(バリ クタ) | トップページ | 終わるのよな始まり。(ハーリーから最後のごあいさつ) »